スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

呂兄と、影兄の子分さん 

きょうはマルセイユの誰だかに用事があって、
宮殿に行ったんだけど、
衛兵の人に怪しまれてしまって門前払いくらってしまった。
なんかしょっちゅう門前払いくらってる気がする。;;

香水つければ少しは高貴に見えるかなってつけてみたけど、
田舎者なのがバレバレだったみたいで衛兵に相手にされなかった。
うーむ、はるばるマルセイユまで上京してきたというのに、
どうしようかと途方に暮れていたら、偶然酒場で呂兄に会った。


呂兄はマルセイユでも名が知れていて、
衛兵にも顔パスで宮殿に入れるほどのお人だ。
事情を話したらなんと、宮殿に連れて行ってくれるそうな。

衛兵め、普段はおいらを相手にもしないくせに、
呂兄が来たらびびってすぐに通しおった。
マルセイユ宮殿に突撃~☆

コンデ公爵とかいうおじちゃんに、呂兄が話をつけてくれた。
大変たすかった。ありがとう!
コンデのおやじに話をつけてくれてる呂兄

その後、海軍に転職するための紹介状を取りにジェノヴァへ。
呂兄の助けもあって、めでたく紹介状をいただくことができた。thx

そしてふと見たら、影兄の子分さんが闇?バザーしてた。
どこから仕入れてくるのか、食べ物から何からなんか
いろんなもの売ってるけどさすがに人身売買はしてなかった。
生きていた子分さん

しばし歓談。
ジョーさんごめんなさい☆

どういういきさつでこのセリフ言ったのか覚えてない‥、
冒険者な話だっけかナ?
そしておせんべついただきthx、おいらは旅立ったのであった。
スポンサーサイト

[2006/05/18 14:39] できごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://legem.blog65.fc2.com/tb.php/10-c4c6f4c1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。